オウンドソーシャル分析に関するガイドへようこそ。

オウンドソーシャル分析では、SNSチャンネルのパフォーマンスを個別に測定したり、複数のプロフィールからデータを集計して、SNSチャンネルの成果を理解することが可能です。これらのレポートでは、貴社の各公式アカウントと競合企業のエンゲージメントデータをまとめて表示しています。

アナリティクスページの各ウィジェットには、データの詳細をさらに共有する、情報 (i) アイコンが表示されます。すべてのオウンドソーシャル分析ページのメトリックスの詳細については、こちらの記事をご覧ください。

プロのヒント: アナリティクスのオプトアウトを選択した場合、以前エンゲージ測定にあったオウンドソーシャルアナリティクスレポートを表示することはできません。


概要ページ

概要分析は、それぞれのソーシャルメディアプラットフォームでのエンゲージメントの履歴に関するレポートを、Meltwaterエンゲージを通じて提供します。これには以下が含まれます。

  • Facebook総合レポート

  • Instagram総合レポート

  • Twitter総合レポート

  • LinkedIn総合レポート

  • チャンネル別総合レポート

利用を開始するには、右上でアカウントを選択し、分析したいソーシャルプロフィールを選択します。1つのレポートで複数のソーシャルチャンネルを分析するには、チャンネル別総合レポートをご覧ください。

アナリティクスページの各ウィジェットには、データの詳細をさらに共有する、情報 (i) アイコンが表示されます。すべてのオウンドソーシャル分析ページのメトリックスの詳細については、こちらの記事をご覧ください。


チャンネル別タグ分析

レポートのこのページでは、貴社のユーザーがMeltwaterエンゲージ内でタグ付けしたSNS投稿とデータを活用して、カスタマイズされたレポートを作成します。タグは最大10個まで比較してベンチマークできます。このレポートにはインプレッション・エンゲージメント・クリック・動画の再生数に加え、タグ別の総件数を比較したチャートが含まれます。

タグ別分析のレポートは、Meltwaterエンゲージを使用している場合ご利用いただけます。

利用開始にあたって、分析を希望するソーシャルメディアデータにタグを適用していることを確認してください。タグを有効に使用すると、SNSキャンペーンの管理、SNSコンテンツの整理、そしてレポート作成に役立ちます。また、複数のMeltwaterユーザーがタグの追加・管理を行うことが可能であるため、チーム全体で共同作業することができます。

SNS投稿へのタグ適用に関する記事はこちらをご覧ください。

チャンネル別タグレポートの作成方法:

  • [タグを追加]を選択します。

  • 比較したいタグを10件まで選択します。

  • [OK]を選択してタグを適用します。


ベンチマークレポート

ベンチマークレポートでは、自社のSNS公式アカウントを競合他社や同業他社と比較することができます。

利用を開始するには、貴社のプロフィールに対してベンチマークを希望する競合他社や同業他社のソーシャルハンドルを定義する必要があります。

プロのヒント:定義した競合他社や同業他社のデータ取得は、その企業をMeltwater内で登録した時点から始まります。他社の設定はアカウント全体の初期設定と同時に行うことをおすすめします。

他社の定義とベンチマークレポートの設定については、こちらをご覧ください。


各種レポートの抽出・共有・自動配信設定

[ソーシャル分析]内で表示できる各レポートの右上にある[アクション]メニューには、抽出・共有に関するすべてのオプションが表示されます。以下、詳細となります。

Excelをダウンロード]:このオプションをクリックすると、CSVファイルが作成され、ユーザーの登録されているメールアドレスへ送信されます。このファイルには、ページ内に表示される投稿の生データと指標が含まれます。各Excelレポートは、テンプレートの種類や各SNSチャンネルの利用可能なデータによって異なります。

  • Facebook総合レポート:レポートの概要・サマリー・ページファン・ページファンの変化・投稿タイプ・インプレッション・動画の再生数・オーディエンスの性別・オーディエンスの国・オーディエンスの都市・オンライン中のオーディエンス・高パフォーマンス投稿

  • Instagram総合レポート:レポートの概要・サマリ・高パフォーマンス投稿・フォロワー数・投稿タイプ・オーディエンスの性別・高パフォーマンスのストーリーズ・オーディエンスの国・オーディエンスの都市・オンライン中のオーディエンス

  • Twitter総合レポート:レポートの概要・サマリー・フォロワー数・インプレッション・エンゲージメント・ツイートタイプ・高パフォーマンス投稿

  • LinkedIn総合レポート:レポートの概要・サマリー・高パフォーマンス投稿・フォロワー・フォロワー増加・ペー閲覧数・インプレッション・投稿タイプ・エンゲージメントタイプ・オーディエンスの国

  • チャンネル別総合レポート:レポートの概要・サマリー・高パフォーマンス投稿・フォロワー数・インプレッション・動画の再生数

  • チャンネル別タグレポート:レポートの概要・インプレッション・エンゲージメント・クリック・動画の再生数・受信済み投稿・高パフォーマンスのタグ

  • Facebookベンチマークレポート: レポートの概要・ページファン・エンゲージメント率・ページパフォーマンス・ページ投稿タイプ・エンゲージメントの内訳・高パフォーマンス投稿

PDFをダウンロード]:これで、ナビゲーションが表示中のページのままでダウンロードされるPDFスライドデッキが作成されます。このPDFには、[ソーシャル分析]内のレポートページにあるすべてのグラフがページごとに表示されます。同様の形式でレポートの表示をカスタマイズしたい場合、レポート内のテキストを追加したい場合、または含むグラフを1つずつ選択したい場合、[ダッシュボードを共有(URL)]のボタンをクリックしてください。

PDFレポートには、レポートのダウンロード時に選択中の形式によって、高パフォーマンス投稿のウィジェットがギャラリー表示、またはリスト表示で表示されます。

ダッシュボードを共有(URL)]:これにより共有できるダッシュボード(「共有ダッシュボード」)が作成されます。このダッシュボードはさらにカスタマイズしたり、スライドやグラフを編集してから、リンクを共有して他のユーザーが結果をオンラインで見られるようにすることができます。共有ダッシュボードの詳細はこちらをご覧ください。これは、総合レポートとチャンネル別タグレポートからアクセスできます。現在、ベンチマークレポートでは使用できません。

ダッシュボードを見る]:このオプションをクリックすると、以前に作成した共有ダッシュボードの一覧が表示されます。

レポート配信設定]:周次・月次で最大25件のメールアドレスを含む配信先へレポートをメールで配信する設定が可能です。周次レポートは毎週火曜に配信され、前の週のデータが含まれます。月次レポートは毎月2日に配信され、前の月のデータが含まれます。

レポート受信者のEメールアドレスを入力する際、1件のアドレスを1行につき入力してください。

レポート配信管理]:設定中の配信スケージュールの確認・編集ができます。


ページレベル・投稿レベルのデータの違いについて

[ソーシャル分析]では、それぞれのSNSネットワークのAPI経由で取得したデータが表示されます。

データの種類は数多く存在し、ツールやチャンネルによってそれぞれ性質が異なるように見受けられるため、それらすべてを理解するのは至難の業です。当社が提供するデータは正確ですが、万が一相違がある場合には必ず理由がありますので、ご安心ください。

オウンドメディアおよび[オウンドソーシャル分析]内の指標の定義については、こちらをご覧ください。

[オウンドソーシャル分析]には、下記3種類のデータがあります。

ページレベルのデータは、対象期間中、ページ内で実行されたアクションに関するデータです。

投稿レベルのデータは、ページ内の投稿に対し、これまでに行われた全アクションの合計値です。

フォロワーとオーディエンスのデータはオーディエンスの属性や位置情報、ウィジェットが含まれます。

他社サービスでは、上記の測定基準を混合してご説明している場合がありますが、弊社では混乱を最小限とするため、分析対象のSNSチャネルデータ別に、それぞれの違いを明確化する手法をとってご説明させて頂いております。

画面左の[分析]タブ内の[オウンドソーシャル分析]では、各総合レポートの上部にある総合概要カード部分や、時間の経過に伴うデータを示す折れ線グラフなど、ほとんどの指標はページレベルの数値に基づいています。例えば、総インプレッション数は、に基づいています。例えば、総インプレッション数は、対象期間中のページ上の全投稿に関するインプレッション数の合計です。(また、このインプレッション数は、広告投稿の分も含まれます。)

投稿レベルのデータは「トップツイート」ウィジェットのギャラリー表示、およびリスト表示にて確認できます。これは、対象期間中の投稿に対して行われたエンゲージメントやインプレッションなどの総計を表しています。

上記2種類のデータの違いを表すために例文です。2020年11月1日〜2020年11月30日の Facebook総合レポートがあるとします。1人のファンが10月1日の投稿を11月15日に閲覧した場合、そのインプレッションは「総インプレッション数」と「時系列のインプレッション数折れ線」ウィジェットには含まれますが、「トップ投稿」のギャラリーおよびリスト表示には含まれません。これは投稿が11月中に公開されなかったためです。したがって、ギャラリーおよびリスト表示にあるインプレッション数を合計すると、「総インプレッション数」のウィジェットとは異なる数値になります。

オウンドソーシャル分析はさまざまなソーシャルチャンネルが API を通じて提供するデータを示します。当社はこのデータを操作したり、データを使用して計算したりすることはありません。残念ながら、特定の指標をページレベルではなく、投稿レベルでのみ提供しているソーシャルチャンネルもあります。

例えば、Instagramでは、ページレベルでのリーチ数のデータは提供されていませんが、投稿レベルのデータは提供されています。そのため、Instagram総合レポート内のリーチ数は、トップ投稿投稿レベルの指標) のウィジェットでは表示される一方、ページレベルの指標が使用されるその他の合計やグラフにはご用意がございません。


リーチ数とインプレッション数の比較

リーチ数 - あなたのコンテンツを見た人の総数

インプレッション数 - コンテンツが表示された回数

インプレッション数とはコンテンツが見られた回数の合計であり、リーチ数とはコンテンツを見た人一意の数です。

例えば、5人の人が見たコンテンツがあるとします。リーチ数は5になります。そのうち3人は投稿を2回見たとします。その場合、インプレッション数は8になります。1回見た人が2人(2)+2回見た人が3人(6)=インプレッション数は8。

上記の論理に基づけば、インプレッション数はリーチ数よりも常に高くなります。それは、一人の人が同じコンテンツに対して複数のインプレッション数を生じさせることができるからです。


最後までお読みくださり、ありがとうございました。その他のご質問がありましたら、お気軽にチャットサポートへお問い合わせください。

Meltwaterチームより

回答が見つかりましたか?