この記事では、SNSプロフィールがMeltwaterから切断される理由についてご説明します。

ソーシャルプロフィールは、定期的な更新が必要なトークンでMeltwaterに接続されています。Meltwater内でプロフィールを再接続または再認証すると、新しいトークンを生成できます。

ソーシャルプロフィールの接続は初めてですか?接続に関する詳しい記事はこちらをご覧ください。


ソーシャルプロフィールを再接続する方法

ソーシャルプロフィールを再接続するための以下の手順は、初期設定プロセスと同様に、ネイティブ・プラットフォーム上のソーシャルプロフィールへの管理者アクセス権を必要とします。例えば、Facebookプロフィールは、そのFacebookビジネスプロフィールに管理者として保存されます

  • 左側のナビゲーションバーから[エンゲージ]を選択します。

  • [エンゲージ]のランディングページの右に、[ソーシャルアカウント]が表示されます。

  • [アカウントの管理]をクリックします。

  • オウンドコネクション]タブへ移動します。

  • ソーシャルプロフィールまでスクロールして再接続します。

  • Facebook、Instagram、LinkedIn、またはTwitterのトークンの期限が切れた場合、または無効と表示されている場合は、再接続ボタンを選択します

  • ポップアップ画面内の指示に従ってソーシャルアカウントにログインします。この場合、ログイン先のプロフィールはそのビジネスプロフィールの管理者である必要があります。

  • Meltwaterエンゲージと共有される情報の詳細をネイティブプラットフォームのメッセージにて確認した上で、[OK]を選択します。

プロフィールが再接続されると、[接続済み]とSNSアカウントのページ名が表示されます。

もしInstagramの情報収集を行うために[モニタリング中のコネクション]ページからInstagramアカウントの再接続をしている場合、ハッシュタグと競合の追跡が完全に設定されているかを確認するために、こちらをご確認ください。


トークンの有効期限が切れる理由

アカウント設定の更新または変更
これには以下が含まれます。

  • プロフィールの「管理者」アクセス権を持つユーザーのパスワードまたはユーザー名の変更

  • プロフィールの「管理者」アクセス権を持つユーザーの削除

  • ソーシャルアカウントへのMeltwaterのアクセスの取り消し

ソーシャル・プラットフォームのセキュリティ対策

SNSプラットフォームがあなたのアカウント上で特定の「疑わしい」行動を識別してフラグを立てると、アカウントが切断される場合があります。これには以下が含まれます。

  • エイリアスユーザ名の使用

  • 複数のIPアドレスから同じアカウント認証情報を使用する場合。チーム内でログイン情報や、複数のデバイスを共有している場合に頻繁に発生します。

  • 著作権侵害などの不適切な内容でフラグが付けられたコンテンツの公開

各ソーシャルネットワークのトークンの有効期限
それぞれのSNSが、セキュリティ対策としてトークン・アクセスの期間と有効期限を設けています。各SNSの以下の認証ポリシーでは、プロフィールの再接続を定期的に行う必要があります。

FacebookおよびInstagram Business:トークンの有効期間は60日です。また、Facebookアカウントを接続したユーザーが管理者ステータスでなくなった場合や、Facebook上でパスワードをリセットした場合にも再接続が必要になります。

LinkedIn:トークンの有効期間は60日です。

Twitter:有効期限付きのトークンは発行されないので、プロフィールを定期的に再認証する必要はありません。


「接続者」ユーザー / ソーシャルプロフィール管理者の更新方法

SNSプロフィールの管理者が変更される場合や、あなたのプロフィールをエンゲージに接続した同僚が退職を予定している場合は、プロフィールを接続したユーザーを更新する必要があります。

ソーシャルプロフィールを接続したユーザーを先回りして変更することで、プロフィールが切断された場合にアカウントからエンゲージメントデータが失われるのを防ぐことができます。

「接続者」ユーザーを更新するには、現在のステータスが「接続済み」のプロフィールを再接続する必要があります。

  • 左側のナビゲーションバーから[エンゲージ]を選択します。

  • [エンゲージ]のランディングページの右に、[ソーシャルアカウント]が表示されます。

  • [アカウントの管理]をクリックします。

  • オウンドコネクション]タブへ移動します。

  • ソーシャルプロフィールまでスクロールして再接続し、縦三点リーダーをクリックします。

  • 切断]をクリックし、プロンプトに従ってアカウント追加の手順を実施します。


ソーシャルチャンネル別の切断理由

FacebookおよびInstagramのビジネスプロフィール:

1. Facebookのパスワード変更やセキュリティ警告
これは、FacebookやInstagramのビジネスプロフィールが切断される最も一般的な原因です。ネイティブ・ソーシャル・プラットフォームのアカウント設定内で変更があった場合、最初にアカウントをMeltwaterに接続するために使用された資格情報は、FacebookやInstagram側の記録と一致しなくなります。

2. Facebookのアクセス取り消し
Facebookアカウントへのアクセスが許可されたすべてのサードパーティ製アプリは、アカウントのビジネス統合 内に連携済みアプリとして登録されています。Meltwaterがこのリストから削除されると、アカウントへのアクセスが取り消され、アプリ内のプロフィールが切断されます。

3. Facebook のセキュリティチェック
Facebookがあなたのアカウントや管理者ユーザーのアカウントで潜在的なセキュリティエラーを発見した場合、次回のFacebookログイン時にセキュリティチェックが行われます。これらのセキュリティチェックの引き起こす要因には、認識されていないログイン、不適切なコンテンツや著作権侵害の報告、または二要素認証の完全なセットアップが含まれます。
問題を解決し、アカウントのブロックを解除するには以下を実行します。

  • 最初に、ブラウザのクッキーと履歴を削除します。

  • facebook.comにアクセスし、Facebookアカウントにサインインします。

  • 指示に従って、提供されたセキュリティチェックを完了します。

  • セキュリティチェックが完了後、追加の予防措置として24時間の経過をもってFacebookアカウントにサインインしてください。

セキュリティチェックを完了する際に問題が発生した場合は、Facebookに報告できます。

4. Facebookトークンの組み込み有効期限への到達

LinkedIn

1. LinkedInトークンの組み込みの60日間の有効期限への到達

2. LinkedInのアクセス取り消し
LinkedInアカウントへのアクセスが許可されたすべてのサードパーティ製アプリは、アカウントの許可サービスとしてリストアップされています。Meltwaterがこのリストから削除されると、アカウントへのアクセスが取り消され、アプリ内のプロフィールが切断されます。

3. 不十分なアクセス
LinkedInプロフィールは、Meltwaterにプロフィールを接続できるようにするために、ビジネスページで指定管理者である必要があります。あなたの個人プロフィールが後にページの指定管理者リストから削除された場合、そのページはMeltwaterから切断されます(別の種類のページ管理者としてリストされている場合も同様)。

4. 制限付きプロフィール
LinkedInは、許容される利用ポリシーに違反するアカウントへのアクセスを制限しています。制限は違反内容に応じて一時的なものと永久的なものがあります。LinkedInのアカウントにサインインし、制限された理由および再度アクセスまでにかかる時間をご確認ください。

Twitter

1. Twitterアカウントのロック
Twitterは、アカウントのセキュリティが侵害された可能性があると判断すると、アカウントを一時的にロックし、Meltwaterから切断します。TwitterがTwitterのルール利用規約に違反した不審な行動を検知した場合、アカウントはロックされます。プロフィールをMeltwaterに再接続する前に、Twitterアカウントにログインし、その指示に従う必要があります。

2. Twitterのアクセス取り消し
Twitterアカウントへのアクセスが許可されたすべてのサードパーティ製アプリは、アカウント設定で接続アプリとしてリストアップされています。Meltwaterがこのリストから削除されると、アカウントへのアクセスが取り消され、アプリ内のプロフィールが切断されます。

3. Twitterアカウントの一時停止
Twitterは、許容される利用ポリシーに違反したアカウントや、ハッキングされた可能性のあるアカウントへのアクセスを制限しています。Twitterにアクセスし、アカウントにサインインしてみて、停止された理由を確認してください。Twitterが提供するその他の指示に従って情報を確認し、アカウントの復元を行ってください。アカウントの一時停止を解除できない場合は、Twitterに申し立てをする必要があります。Meltwaterに再接続する前に、Twitterアカウントの復元が必要となります。


切断の通知はどのように行われますか?

メールとアプリ内通知の両方を受信します。

  • Facebook、Instagram、LinkedInアカウント、またはFacebookとInstagramの有料接続の有効期限が近づくと、通知が届きます。

    • メールは、期限が切れる10日前、5日前、1日前、および期限当日に送信されます。

    • Twitter接続には有効期限がないため、接続の有効期限メールは表示されません。

  • FacebookまたはInstagramのモニタリング中のコネクションの期限が近づくと、通知が送信されます

    • Facebookの場合、期限が切れる10日前にメールが送信されます

    • Instagramの場合、期限が切れる10日前、1日前、および期限当日にメールが送信されます。

  • メールは、接続が確立された企業内のすべてのユーザーに送信されます。

    • これらのタイプのメールのオプトアウトは、すべてのユーザーが利用できます。

  • メールは、ネイティブソーシャルAPIによって返されたエラーに基づいて接続が「無効」とマークされた場合に送信されます。これにより、再接続時に予期しない接続の中断によるデータギャップの欠落を回避できます。


最後までお読みくださり、ありがとうございました。その他のご質問がありましたら、お気軽にチャットサポートへお問い合わせください。

Meltwaterチームより

回答が見つかりましたか?