Meltwaterエンゲージのユーザーへのソーシャルメディア投稿許可の割り当てに関するガイドへようこそ!

各ソーシャルプロフィールへのコンテンツの閲覧と投稿管理を許可するエンゲージユーザーを選択することで、チームメンバーの役割と責任に基づいてプロフィールをセグメント化することができます。

ソーシャルプロフィールに割り当てられたユーザーは、会話、投稿管理、ソーシャル分析でそのプロフィールのデータを閲覧することができます。割り当てられていない他のユーザーは閲覧できません。2021年4月1日以前に設定されたエンゲージ・ユーザーの場合、すべての管理者およびリスナーユーザーがすべてのソーシャルプロフィールに自動的に割り当てられます。

管理者は、必要に応じて、ソーシャルプロフィールへのリスナーユーザーのアクセスを削除する必要があります。4月1日以降に設定されたエンゲージアカウントおよびユーザーの場合、新しいリスナーおよび管理者ユーザーはどのソーシャルプロフィールにも割り当てられず、プロフィールに割り当てられるまでエンゲージにはデータが表示されません。


ユーザーをソーシャルプロフィールに割り当てる方法

ご自分が管理者として設定されていることを確認してください。ご自分がリスナーとして設定されている場合は、アカウントの管理者に連絡してユーザーの役割を更新するか、次のステップを実行してください。

ユーザー設定の追加、削除、更新について詳しくはこちらの記事をご覧ください。

  • ユーザー管理で、ユーザーがプラットフォームに追加されていることを確認します

  • [オウンドコネクション]へ移動します。

  • [オウンドコネクション]内で、それぞれのSNS公式アカウントの右側にカーソルを合わせると、縦三点リーダーの[メニューを開く]が表示されます。[ユーザーを割り当てる]を選択します。

  • 対象とするSNS公式アカウントへのアクセス権を与えたいユーザーを選択し、[完了] を選択します。

  • ソーシャルプロフィールごとに、ステップ3と4を繰り返します。

各SNS公式アカウントにアクセス権のあるユーザーのみ、以下の権限が与えられます。

  • 別のユーザーより、その公式アカウント内の会話を割り当てられる

  • [投稿管理]にてその公式アカウントへの投稿を承認する

特定の公式アカウントへの割り当てができないユーザーは、選択肢に表示されません。


投稿の承認

投稿管理で投稿の承認を求める場合、選択したプロフィールにアクセスする権限を持つユーザーのみ承認者として選択できます。

投稿が複数のプロフィールでスケジュールされている場合、そのすべてのプロフィールに割り当てられていないユーザーは投稿を承認できず、承認者の選択リストには表示されません。コンテンツカレンダーで、少なくとも 1 つのプロフィールに割り当てられているユーザーは、閲覧専用アクセスで投稿を閲覧できます。


プロフィールの接続と再認証

管理者ユーザーのみが新しいソーシャルプロフィールを接続し、ユーザーをソーシャルプロフィールに割り当てることができます。管理者が、接続されているプロフィールのサブセットにのみ割り当てられている場合は、エンゲージで割り当てられたプロフィールのみが閲覧できますが、ソーシャル接続ページでは閲覧可能なすべてのプロフィールが表示されます。管理者リスナーユーザーは、「プライベート・ソーシャル接続」ページにアクセスし、ソーシャルプロフィールを再認証できます。リスナーユーザーは、割り当てられたソーシャルプロフィールにのみ、エンゲージ利用時にアクセスできます。

ソーシャル接続を再接続するためのメールは、その特定のソーシャルプロフィールに割り当てられていなくても、そのユーザーの役割およびすべての管理者ユーザーにかかわらず、ソーシャルプロフィールに割り当てられたすべてのユーザーに送信されます。


最後までお読みくださり、ありがとうございました。その他のご質問がありましたら、お気軽にチャットサポートへお問い合わせください。

Meltwaterチームより

回答が見つかりましたか?