2020年3月、Facebookは同社のAPIに変更を加えました。これにより、Facebookのビジネスページに送られるプライベートメッセージへの応答にも、これまでとは異なる点が発生しています。エンゲージにてユーザーがプライベートメッセージに応答できる期間は、受信後7日間となりました。これは以前の24時間より長くなっています。

この変更は業界レベルのもので、すべてのサードパーティのSNSエンゲージメント管理ツールに影響が及んでいます。

この変更の背景には、企業のすばやい対応を消費者が期待していることに加え、ユーザーからのメッセージにすばやく対応している企業がより事業成果も高い、ということが挙げられます。またこのAPIの変更は、企業や開発者による以下の行動を促進するよう、設計されています。

  1. 顧客からアプローチがあった際の迅速な応答

  2. 顧客にとって重要な最新情報の共有

この変更によるエンゲージへの影響

エンゲージの会話では、Facebookのプライベートメッセージが送信されてから7日以上経過してそのメッセージに応答しようとすると、エラー・メッセージが表示されます。アプリでは、より詳細なエラー・メッセージを表示し、7日以上経過したプライベートメッセージには、会話の中央枠から応答できないようにする予定です。なお、応答はできなくても、それらのメッセージを閲覧したり、既読マークを付けたりすることは可能です。

Facebookのプライベートメッセージを迅速に見つけるには

Facebookのプライベートメッセージに迅速に応答するには、「メッセージのタイプ・フィルター」を使用して、送信されてから7日以内のメッセージを見逃さないようにすることをおすすめします。

  1. [メッセージタイプ]のフィルターをクリックします。

  2. すべてのメッセージタイプを解除し、[Facebook プライベートメッセージ]を選択します。

  3. [フィルターを適用]をクリックします。

Screen_Shot_2020-03-11_at_5.06.14_PM.png

メッセージのタイム・スタンプは左右の両枠に表示されています。

Screen_Shot_2020-03-11_at_5.05.44_PM.png

その他ご質問やご不明点などありましたら、チャットサポートにてお問合せください。

Meltwaterチームより

回答が見つかりましたか?