メディアピッチの効果を高め、よりインパクトのある掲載をご希望ですか?以下の面でさらに最適化できるかもしれません:

1. 慎重なターゲティング

2. ポジショニングとピッチそのもののコピー。この記事では、開発の分野に焦点を当てます。🎯

慎重なターゲティングは、優れたメディア報道を獲得するための鍵です。ここでメディアリストが重要になります。効果的なメディアリストの作成は、ターゲットオーディエンスを定義することから始まります。そこから、そのオーディエンスが興味を持っている出版物やコンタクトを特定します。

ここで大切なのは、どの編集者、ジャーナリスト、ジャーナリストにアプローチするかを慎重に選択することです。これには、戦略的に考えリサーチをおこなうことが必要です。お客様の業界に関する話題を繰り返し書いてるのは誰でしょうか?その人は最近どんなことを書いていますか?Twitter プロフィールからどんな情報が得られますか?何をツイートしていますか?貴社の将来と彼らが書いている媒体のプロフィールとの間につながりが見出せますか?

オーディエンス分析

誰がオーディエンスですか?オーディエンスはどこにいて、どんなことに興味があるのでしょう?また、どんなメディアを利用し、どのような出版物を読んでいるのでしょう?これがわかると、特定の出版物をリサーチする際に役に立ちます。

媒体リサーチ

彼らがよく話題にしているトピックは何ですか?それはあなたが探している掲載内容と一致していますか?彼らがリーチしているオーディエンスサイズはどれくらいですか?公開頻度はどれくらいですか?ピッチには、ストーリーの内容だけではなくタイミングが大切です。この場合、彼らの公開カレンダーを確認すると便利です。このようにリサーチができたら、次は誰にピッチしたらいいかを見てみましょう。

ピッチにふさわしい人物を特定する

多数のジャーナリストにピッチすると、スパムとみなされてしまいます。編集者やジャーナリストのもとには、1日に数百のピッチが届きます。ここで大切となるのは、ピッチングを行う媒体において適切な人物を特定することです。同じ媒体で複数ピッチングすると、他にもピッチングしていることが明らかになり、それを受け取る側にとってはその価値が低くなってしまいます。Meltwater のキーワード検索を使用することにより、貴社のピッチに関連するトピックについて書いている人を特定することができ、時間を節約できます。さまざまなフィルター(地理、メディアタイプ、役割、リーチなど)を使用することにより、さらに絞り込むことができます。また、ほとんどの媒体には、連絡先情報やジャーナリストのプロフィールが記載されたスタッフライターのリストがあります。

整理されたリスト

メディアリストは、特定の目的を持って開発する必要があります。例えば、オーディエンスタイプ(考慮すべきオーディエンスがいる場合)、地域、メディアタイプ、リレーションシップタイプ(よく知っている人と知らない人とでは異なる形でコミュニケーションをとることが必要)などがあります。リストがよく整理されていると、ターゲティングに役立つだけでなく、ピッチ時に関連リストをすぐに見つけることができます。Meltwaterのお客様は、平均で12件のメディアリストをお持ちです。この数が増加するとすぐに煩雑になるため、Meltwaterがメディアリストを管理します。

関連性を維持する

まず、ピッチの焦点は時間の経過とともに変化することを考慮し、それをターゲティングに反映する必要があります。次に、ジャーナリストは頻繁に転職する傾向があります。この問題は、過去数年間、コスト削減の必要性のために多くの媒体で大幅に拡大しました。Meltwater では、毎月何万ものメディアコンタクトの記録をデータベースで更新し、転職を追跡するお手伝いをしています。確かに、これは簡単ではありません。当社が見逃してしまった場合は、リクエストいただくことでアップデートします。詳しくはこちらをご覧ください:

まとめ

メディア報道を受けることは「技」であると言う人もいます。それは、準備と周到な行動により相互価値を創造することです。これには、最終的に誰にリーチしたいか(ターゲットオーディエンス)、そのオーディエンスがすでに耳を傾けている人(コンタクト)を特定し、ジャーナリスト、編集者、ブロガー、プロデューサーにパーソナライズしたストーリーアイデア(ピッチ)を作成することが必要です。

もっと知りたいですか?

最後までお読みくださり、ありがとうございました。その他のご質問がありましたら、お気軽にチャットサポートへお問い合わせください。

Meltwaterチームより

回答が見つかりましたか?