オンライン上で情報を検索する際は、キーワード以外の条件を指定しなければ検索結果が膨大な件数になることがあります。また、不要なコンテンツがよく検索結果に含まれてしまいます。

フィルターを使用すると、ニーズに応じて検索結果をより細かく絞り込むことができます。
本記事は以下、エクスプロアにあるフィルターオプションをご説明します。

  • [無名のフィルターセット](左から最初に表示されるフィルター):このプルダウンメニューには、クイック選択(Meltwaterユーザーのリージョンに合わせて事前に定義済み)が用意されています。また、過去の検索にて保存しておいたフィルターセットから選択することも可能です。

  • [ソースタイプ]:ソースタイプ別(Twitter、Facebookなど) の検索結果を表示します。

  • [言語]:言語別の検索結果を表示します。

  • [位置]:国別、地域別の検索結果を表示します。

  • [キーワード]:特定の単語、またはフレーズを含む文書を表示します。

  • [センチメント]:センチメント別(ポジティブ/肯定的、ネガティブ/否定的、ニュートラル/中立)の検索結果を表示します。

  • [投稿者]:作成済みの投稿者リストを表示するか、新規でリストを作成することができます。投稿者リストでは、Twitter・Redditのユーザー名のリストを作成し、そのリストをフィルターとして使用します。そのユーザーによる投稿を表示することが可能です。投稿者リストの詳細についてはこちらをご覧ください。

フィルターバーで特定のフィルターを選択します。


フィルターの保存方法

  • エクスプロア]へ移動します。

  • 既存の検索フォルダーを開くか、新規フォルダーを作成します

  • フィルターバーにて、[ソースタイプ]のプルダウンメニューを選択できます。

  • チェックボックスを使用して、絞り込むメディアを選択します。ニュース内の媒体をさらに絞り込みたい場合は、「>」マークをクリックして媒体名を入力します。出てきた媒体名の左側チェックボックスにチェックを入れ、[適用]をクリックします。

  • フィルターを適用]を選択して検索を更新します

  • このフィルターを保存するには、「検索結果を更新する」の右横にある縦三点リーダーをクリックします。

  • フィルターセットを保存]を選択し、フィルター名を入力します

  • 保存を選択します。


保存したフィルターの適用方法

  • エクスプロア]へ移動します。

  • 既存の検索フォルダーを開くか、新規フォルダーを作成します

  • フィルターバーのオプションで、最初の[無題のフィルターセット]オプションを選択します

  • 保存済みフィルターまで下にスクロールします

フィルターを削除するには、すべてのフィルターを解除するをクリックします。


大文字と小文字を区別して絞り込む

コンテキストの異なるキーワード検索でブランド名が見つかる場合があります。例えば、「Apple」を検索すると、りんご、そして米アップル社の両方に関する文書が見つかります。

ノイズを減らして検索結果を改善するには、右上の[大文字・小文字区別】のアイコンを選択します。ここから[区別しない]、[完全一致]、[大文字のみ一致]を使用し、絞り込むことができます。

以下、大文字・小文字の区別に関する詳細となります。

[区別しない]大・小文字の区別をしないことを意味します。大文字と小文字が異なっても一致と見なされます。
[完全一致]大・小文字を区別することを意味し、文書内の文字が指定のキーワードとまったく同じ場合のみ一致とします。
[大文字のみ一致]大文字を含む用語に関して大文字・小文字を区別しますが、そうでない用語に関して大・小文字の区別をしません。


最後までお読みくださり、ありがとうございました。その他のご質問がありましたら、お気軽にチャットサポートへお問い合わせください。

Meltwaterチームより

回答が見つかりましたか?